治療前に知っておく

矯正歯科にかかる費用とその詳細

歯医者

矯正歯科における費用負担は、保険適応外となる為に高額となってしまいます。各医療機関における独自の設定によって決定されるものであり、負担金額にはばらつきが生じています。 矯正歯科で用いられる器具や方法には、現在様々な種類があります。また、矯正歯科を受けたい方の歯列状態も様々であり、これらによっても大きな費用差が生じてくるものとなります。 矯正歯科における負担総額の相場は、80万円から120万円となります。歯列状態によっては、それ以下やそれ以上の可能性もあります。詳細を見てみると、治療前に掛かる費用には、相談料や診断料をはじめ虫歯の治療、X線検査など平均5万円前後の相場となります。治療中の費用に、器具料や技術料として平均70万円前後です。治療後にも費用は必要で、保定と呼ばれる器具料や基本料に平均5万円前後かかるものとなります。

様々な支払方法について

矯正歯科にかかる費用は高額でありますが、実際には細かく分かれているものです。各医療機関ごとに支払い方法も異なるものとなっており、事前に総額を支払うか各処置ごとに支払いを行うかという2つのタイプに分かれます。 事前に総額を支払うタイプでは、予期せぬ治療の必要性がない限り、治療終了後の費用追加はほとんどありません。一方、処置ごとの支払いでは、治療が長期化すればその都度の支払いになる為、費用が高くなる可能性もあります。一般的には、総額を一括もしくは分割で支払いを行うケースが多い傾向にあります。総額やオプションなどはじめの相談や診断において把握できる事なのでしっかり確認をしなければなりません。また、クレジット払いが可能なケースも多い傾向にあります。